自転車でフラッと海へ行くブログ

海が見たくなって自転車で出かけた 白浜、沖縄、タイのタオ島を経て紅海まで行く予定。なおダイビングのライセンスは日本に届いたのでまだ手にしてない

ニューデリーからエジプトまで自転車漕いで行きます

 
宿出て出発前の腹ごしらえしてラッシー飲んでたらバナナ売りの兄ちゃんが馴れ馴れしく自転車をペタペタ触ってくる。やめえや、と言ってその手がおじいちゃんみたいに劣化してるのに気付いた。

お前何歳なん?

シックスティーンだよ

まじでか……一個くれ(バナナ)

写真撮らせろって言ったらやだって言ったし名前も聞いたけどこれ書く前にすぐ忘れた。

 

f:id:Y_TZK:20191214181806j:plain

こいつ。隠し撮りしたった

 

 デリーでも沈没したけど理由が判明。泊まる階が上すぎ。

4thフロアはインドでは5階。しんどくて降りる気にもならん。

ルドラも4階だった。

ウィザードリィのロイヤルスイートってことか。いつのまにか日が過ぎて歳をとってる。すぐ出たきゃグランドフロア、馬小屋に泊まるべき。ダバで無料で泊まった日は朝が早かった。連泊なんてする気にもならない。

 

f:id:Y_TZK:20191214182105j:plain

出発前の勇姿

 

f:id:Y_TZK:20191214182806j:plain

いい道。立体交差。

f:id:Y_TZK:20191214183354j:plain

高架走ってるとちゃんと高速道路だなって気になる。

 

 

ニューデリー空港って三文字の表記がDELなのに地図ではインディラガンディー国際空港と書いてある。

インディラガンジー国際空港の略称はIGI Airport だとかウィキにある。

まあここしかないしここなんだろうけどややこいなコレ。

 

前にドバイで国際空港が二つあって焦った事があって不安。

 

しかもターミナルにたどり着く道が、あみだくじ方式になっていて間違うと倍以上の遠回り。

f:id:Y_TZK:20191214191131j:plain

広い空港線を渡れないわんこ。轢かれんなよ

f:id:Y_TZK:20191214182352j:plain

第1ターミナル近くのチャイ屋さん

このおっさんらはタクシードライバーって言ってた。つまり、あの悪名高いデリー空港のタクシードライバー。でもチャイ屋さんでは普通のおっさん。プライベートは別なんよ。

 

やっと第1ターミナルについたと思ったらここは国内線のみ。

第3ターミナルに行けって言われた。

 

 

6キロ先だとか。チャリでよかった。

f:id:Y_TZK:20191214190748p:plain

青い現在地が第3ターミナル

ちなみにメトロの駅も第1ターミナルの近くにあるので、行く人は注意。

※ 訂正! 第3ターミナルの方にもメトロの駅あった

f:id:Y_TZK:20191214183958j:plain

広すぎる。中に公園があってくつろぐ人もちらほら

 

本日の走行距離すでに35キロ、あんまり走んない日ならもう宿決めてる。

 

f:id:Y_TZK:20191214184604j:plain

出発ターミナル入り口。ここでチェックがある

聞くと8番ゲート行けって言われて、行ったら7番だって言われて、7番では9番ゲートに行きなさいって言われたらい回し。しかも9番ゲートはない。

 

f:id:Y_TZK:20191214190512j:plain

8番までしかないゲート

 もういっぺん7番に聞きに行くと数字書いてない端っこだって言われてそこから入る。休憩室に通された。

出発は3階だけど、トイレとか食事とかは1階の到着ターミナルの方あるので自転車の人はエレベーター使って引きずって行こう。タバコは外。

 

じゃあこれから荷物まとめてめんどくさい輪行の用意します。

 

 

 

※追記

 

 

ちなみに朝に買ったバナナ、甘いよく熟れたやつくれたんだろうな。

サイドバッグ袋の中で潰れてぐしゃぐしゃのドロドロになっていた。情けは人の為ならずのアナザミーニング。

 

 

たまには役に立つ情報も書いとこか

輪行の工程

たったの10ステップであなたも簡単に輪行できちゃう!

 

1.ギヤをアウタートップ最重に

2.キャリアとかリヤのドロヨケもとる

3.輪行袋の上に逆さまに

4.前タイヤとる 飛行機の場合、空気抜く!

5.後ろタイヤとる 飛行機の場合空気抜く!

6.エンドつけて(チェン通すこと)ローに

7.袋の上に起こす

8.タイヤで挟んでくくる

9.ハンドル固定

10.荷物詰める

   簡単!

 

f:id:Y_TZK:20191214233515j:plain

工程6のあたり。

f:id:Y_TZK:20191214225418j:plain

工程9 あとは袋に詰めるだけ

一仕事終えたあとは空港のバーでスコッチ。

 

f:id:Y_TZK:20191214225611j:plain

オンザロック、ダブルで!

お酒より自分に酔っとるだけ

 

 

 バイバイ インディア!

今回の総括は、インドの田舎でトイレどこって聞いたらインドは全部トイレみたいなもんだって言われたのが、大阪は日本のたんつぼだって言った森元首相思い出した

デリーでお土産を買って日本に発送する一番スマートな方法

肉は牛も豚も食べられないインドで満足感の買い物、まあお土産。ガネーシャの像。

お土産って、そういう基本いらんもんだから、今まで特に買ったことなかった。

荷物が多くなって送りたかった、デリーからだと1500円くらいらしいと聞いてじゃあついでに買っとくかと。

メインバザールの道はボッタ店ばっかで、全部探してまあましな店とこ見つけたので参考までに書きます。ここ

f:id:Y_TZK:20191213181811j:plain

薬局の地下

Hari Piork Internationalとかいうとこ。場所は適当にググって。

 

f:id:Y_TZK:20191213183440j:plain

店の中央に地下に向かう階段

この階段を下りると、ある。 

 

f:id:Y_TZK:20191213183515j:plain

充分な品揃えで値札も貼ってあってそこそこの値段。外なら倍

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Y_TZK:20191213183724j:plain

いらんもんと一緒にダンボールに詰めて郵便局へGO!

歩きじゃ辛い距離なのでチャリを使いましょう。 

f:id:Y_TZK:20191213183954j:plain

Delhi GPO ってとこ。バザールから2キロ

 

 

f:id:Y_TZK:20191213184307j:plain 

中で聞いたら外行ってパッキングせえって言われる。

f:id:Y_TZK:20191213184134j:plain

なんぼ?300ルピーだよ。高えよ!!

ふざけんな負けろって言って、250にさせた。それでも法外な料金。足元見やがって。

んでもっぺん

f:id:Y_TZK:20191213184402j:plain

安い奴と高い奴があるよ、どっちにする? ってきかれた

 そりゃ安い方で!

じゃあ1840ルピーね。

安くねーじゃねーか!

 

うん。4.5キロでそれくらい。3000円と少し。国内の宅急便でもそれくらいか。

インド価格に慣れていると腹が立つ。




 今日のわんこ

 

f:id:Y_TZK:20191213185045j:plain

コケコッコー!!

こいつはたぶん食肉用じゃなくてペット。肉用はもっと哀れな顔してる。

 

 

 

 

インドはマサラのいいかおり

インドは臭い。

マサラのにおいもくせーし、その辺の路上で紙くずとか燃やしてて焦げくさい。牛のウンコは案外臭わない。

あとゴミ捨て場がそこらじゅうにあって、その近くを通ると複合臭で気分が悪くなる。

人間の数万倍の嗅覚を持つというコイツは大丈夫なんだろうか。

f:id:Y_TZK:20191210224449j:plain

何の罪も無いはずなのに 何らかの罰を受けてる なんて遠い叫びが聞こえてきそう

f:id:Y_TZK:20191210221404j:plain

Serial Experiments Lain ってアニメのエンディングを彷彿とさせるわんこ

ジェットウォッシャーが何か知らないし正直興味もないけどそれ掛けたら綺麗になるんだろうか。

 

 

#ジェットウォッシャー「ドルツ」効いた・効きそう


by パナソニック×はてなブログ特別お題キャンペーン

 

 

 

 

 

デリーには総合自転車マーケットがある。

f:id:Y_TZK:20191210223301j:plain

f:id:Y_TZK:20191210223439j:plain

ファットタイヤ

f:id:Y_TZK:20191210223644j:plain

外にもお店

f:id:Y_TZK:20191210223808j:plain

速そうだけどコンポはクラリスでディアゴナールと一緒。26,000ルピー

 

f:id:Y_TZK:20191210224138j:plain

重いブラウザみたいな名前だけどスポーツ用 台湾製らしい

f:id:Y_TZK:20191210224303j:plain

日本じゃポリがうるさくて見なくなった電動もある

バイクと同じキャストホイール、ディスクブレーキ。自転車の方向性は結局バイクなんだなと思える。

バイクに憧れてんだ。

ついでに言うと、チャリのことバイクって言う奴は信用しない。マウンテンバイクがギリ違和感。

英語でバイクって言うって?インドじゃサイクルだし行ったところは他でも大概バイセコー。日本語では既に自転車って立派な言葉があるよね。英語にこだわるなら何であの立ちごけ推進装置をビンディングって言うのか。

bindをビンドって読むのはギアント、ジャイオス読みか?

 

バラナシからニューデリー駅の間で無くしたサイコン、つまりスピードメーターをそこで買い直した。

スピードはともかく気分的に走行距離は知りたいんで。

f:id:Y_TZK:20191210224959j:plain

まあまあ使えそう

さすがにキャッツアイのはなくて、中華製。

Sun Ding っていうメーカーでSD-548Cってやつ。

これだな

www.sunding.com/en/plus/view.php?aid=27

漢字で順東って書くのかサンディング

 

500ルピー750円は安いと思って買ったら、アマゾンインドで248ルピー笑半額じゃねーか。ワイヤレスなのに激安。まあ実店舗だし。

送信機のバッテリーに23A 12Vって書いててこわい。276Wってこと?型番だよね多分。

f:id:Y_TZK:20191210222849j:plain

高圧注意

受信機サイコンはふつうにCR2032。

f:id:Y_TZK:20191210222943j:plain

よくあるボタン電池 カタカナが書いてるんだけど日本製なの?

 

 磁石は再利用。送信機は電波が違うのか反応しなかったので276Wのやつを付けた

f:id:Y_TZK:20191210232423j:plain

つけた。ちょっとでかい

ちなみにベルも壊れてインドで買った奴。汚れてるのはリャンメンテープの跡。 

 

 

f:id:Y_TZK:20191210232618j:plain

インドのワッペンも付けた

あっ上下逆だ!!!2015年ASEAN首脳会議かっ!
調べたらオレンジが上だったごめんまた直す。はあメンドクサ

 

12/11 追記 直しましたとも

f:id:Y_TZK:20191211145856j:plain

 

12/12 追記2 同室のインド人に言われたんだけどこの旗はニセモノだ!本物は車輪のスポークが28本ある、って。しるかあ!

 

 

メクデァノウズでマハラジャバーガーとかいう奴食べた

f:id:Y_TZK:20191210225431j:plain

辛い

 

「すごいニオイ」#ジェットウォッシャー「ドルツ」


by パナソニック×はてなブログ特別お題キャンペーン

バラナシからデリーまで自転車漕いで行きます

久しぶりに電車に乗る。

ディマプールからバラナシまではずっと自転車自走で走ってたので特に書くことがなかった。

チャリダーのブログじゃないんだから。

ダージリンでお茶飲んだりダバに泊まったり初パンク修理したり、そういうのは誰かやっとる。

ルドラで沈没とかも。

 

f:id:Y_TZK:20191202152532j:plain

バラナシ駅

昼の2時に出発。

電車は速いなあ。自転車なら二週間くらい掛かってたはず。

f:id:Y_TZK:20191202153548j:plain

寝てたら朝6時にはニューデリー着いてる

出る前に無くして必死で探してやっと見つかったサイクルコンピュータ、デリーで降りたらまた無くなってた。そういう運命だったのか。

 

インド飽きてきたとこで、バハールガンジ、メインバザールの端っこでワッペン発見

f:id:Y_TZK:20191202153930j:plain

40ルピー60円。インドのはなんかキタナイ

宿も高いしもうさっさとダハブ行こうか

 

 

 

 

 

 

 

キャラダイス風サドルバッグの自作

アラヤディアゴナールという自転車はクラッシック調のツーリング自転車に現代のコンポを乗せたデザインをしている。

コイツに最新のバイクパッキングバッグなんて合わない。

見た目だけじゃなくてサドル下からタイヤ、フェンダーまでの高さも低いせいで実際に付かないか干渉する。

だからといってロウ引き帆布なんて古臭い。

 革のバックルなんて見た目が渋いだけで不便だし。

 

だから作る事にした。

f:id:Y_TZK:20191128184544j:plain

ざっくり設計図

f:id:Y_TZK:20191128184659j:plain

型紙貼り合わせて確認

 

f:id:Y_TZK:20191128184826j:plain

防水ぽいナイロン布買ってきてチャコペン

f:id:Y_TZK:20191128184932j:plain

裁断

f:id:Y_TZK:20191128185133j:plain

ひたすら縫う。ミシンないから全部手縫い

f:id:Y_TZK:20191128185224j:plain

反射テープも縫い付け

f:id:Y_TZK:20191128185334j:plain

バンジーコードは100均のゴム紐

f:id:Y_TZK:20191128185439j:plain

穴は革細工で処理。この部品作るためにレザークラフト始める事に

f:id:Y_TZK:20191128185654j:plain

コバの処理もまあまあ満足。紐を通す

f:id:Y_TZK:20191128185755j:plain

キャラダイス クラッシックサドルラック取り付け

 

以上、制作過程。

もう一年前になる、それから太平洋沿岸、九州北部、沖縄、タイ、ミャンマー、インドと走行距離を重ねてきたものの破れたり壊れたりはしていない。

 

f:id:Y_TZK:20191128190140j:plain

一年後。年季が入って味が出てきた。ワッペン追加中

ルドラゲストハウス、 Varanasiにて。

 

バイアステープ色抜けたのと、インドは砂ボコリがすごいんで汚れてる

 

 

 

 

 

インドを自転車で走っていて気をつける事

 

 

高速道路、ナショナルハイウェイを自転車で走っていると牛がのそのそ歩いてて邪魔。

 

maps.meは自転車でルート検索をするとわざわざハイウェイを避けてくれる糞仕様なんだけど先進諸国の発想で考えるとそっちが当たり前なんだろう。牛が高速にいたら事件、みたいな。

舗装が穴ぼこだらけだとか、逆走車とか動物たちとか、そんな当たり前のこととか、でも信号は意外と守る、みたいなインドでは常識な交通ルールにとやかく言っても仕方ない。

 

特に自転車でこれは危険と言うものだけ挙げて行こうと思う。

 

 

 

一つはトラックが停まっている横を通る時。

ドアか窓が開いていないかしっかり見て、開いていたら極力離れて通る事。

下を通る自転車何て気付かずに、噛んだキンマ、噛みタバコを吐き捨てて来る。

汚ねえ。

 

 

次は、夜の逆走トラクター。

やけに狭い間隔の二つ目ヘッドライトが近づいて来たらすみやかに大きく回避する事。

ヘッドライトの間隔の数倍、荷車の幅があるので気を抜くとやられる。荷台に丸太や板を横向きに載せてる奴もいるくらいなので、ラリアット喰らう可能性も。

 

 

あと誰もが知りたいだろう情報、牛の糞を踏まない方法は、とにかく気をつける事。

無理っていうのは嘘つきの言葉なんです。

ブラックというかブラウンな根性論だけどそれで大概いける。

シューティングかマリオカートでもやってる気分で。

 

暑いし根性なしなので10キロごとにチャイ飲んだりダラダラ休憩するんだけどそのたびにローカルピープルがわらわらと集まってくる。インドの田舎には、よく言われるような嘘つきの詐欺師はいない。

やたらセルフィー(自撮り写真)一緒に撮ってくれって言われてアイドル気分になれる。

走行中ですら、バイクで横付けして喋りかけてくる奴もよくいる。人懐っこいのにも程がある。

距離が稼げないのはだからしょうがない。

どこから来たんだ、自転車で来たのか、時間はどれくらい掛かったのか、とか質問責めは、でも大体一緒なのでそのヒンディー語を覚えた。

ビハール州は禁酒州で、関係あるのか知らないけど英語の話せない奴が多かった。道も酷い。酒税が足りないんじゃないの。

 

 

 

 

f:id:Y_TZK:20191110044841j:plain

f:id:Y_TZK:20191110044702j:plain

f:id:Y_TZK:20191110044607j:plain

 

f:id:Y_TZK:20191110044359j:plain

f:id:Y_TZK:20191110044156j:plain

f:id:Y_TZK:20191110043556j:plain

f:id:Y_TZK:20191110043512j:plain

f:id:Y_TZK:20191110043432j:plain

f:id:Y_TZK:20191110043318j:plain

f:id:Y_TZK:20191110043225j:plain

f:id:Y_TZK:20191110043131j:plain

f:id:Y_TZK:20191110043041j:plain

 

f:id:Y_TZK:20191110042913j:plain

f:id:Y_TZK:20191110042317j:plain

 

 

f:id:Y_TZK:20191110042150j:plain

パンクして手伝ってくれた自称エンジニア。ゴムのり乾かさずに付けたので剥がれた

f:id:Y_TZK:20191110041504j:plain

f:id:Y_TZK:20191110041337j:plain

f:id:Y_TZK:20191110041245j:plain

f:id:Y_TZK:20191110041144j:plain

 

 

 

 

 



 

 

過去編・沖縄首里城

自転車で今はインドのビハール州というところに来てる。

ヒンディー語で「〜から」「〜で」というのは「せ」というらしく、ジャパンセ、サイクルセと言うと日本から自転車で来たって伝わる。

休憩のたびに十人近くのインド人が集まってきて、最初は英語で説明してたんだけど何度も言われるので覚えてしまった。

いつも決まって、「日本から飛行機でタイまで行ってそれからミャンマー インドのマニプール州、ナガランド州、アッサム州、ウエスベンガル州、そんでビハール州までやっと来た。でも自走だけじゃなくてバス、電車も使ったよ」って言う。

 

日本は沖縄の那覇空港からピーチ航空で飛んだ。

埼玉の友人宅から太平洋沿岸をずっと走って、大阪からズルをしてフェリーで新門司まで、九州北部と山口県を回ったあと福岡空港から沖縄に飛んだ。

自転車で旅をするのは初めてだったので、まずは国内で予行演習をしようと言う魂胆だった。

沖縄だけはきっちり一周して、件の首里城へも行った。

日本とは明らかに違う文化圏なんだと実感してた。

方言札とか、本土の人はえげつない事をする。併合されるっていうのはそういう事なんだと。

首里城はそんな沖縄の象徴的存在だって事で、でも観光名所なんてそんなに興味なかったんだけどもう来る事もなかろうと行ってみた。7月8日。11日にタイに飛んだのでその直前の事だ。

まさかその時はこんな事になるなんて思ってもみなかった。 

 

f:id:Y_TZK:20191105222436j:plain

f:id:Y_TZK:20191105222549j:plain

f:id:Y_TZK:20191105222639j:plain

f:id:Y_TZK:20191105222718j:plain

f:id:Y_TZK:20191105222825j:plain

f:id:Y_TZK:20191105222942j:plain

f:id:Y_TZK:20191105223246j:plain

f:id:Y_TZK:20191105223414j:plain

f:id:Y_TZK:20191105224014j:plain

f:id:Y_TZK:20191105223809j:plain

f:id:Y_TZK:20191105223720j:plain

f:id:Y_TZK:20191105223914j:plain 

f:id:Y_TZK:20191105222340j:plain

f:id:Y_TZK:20191105224157j:plain

壁面に生えた逞しい雑草も燃えちゃったんだろうなあ。